発達障害の子育て

【0歳児の発達障害の特徴と対処法】手足バタバタ・寝つきが悪い

2020年3月16日

 

発達障害の0歳所の特徴

 

この記事では

私の2人の子供の0歳の時の特徴をまとめました。

  • 長男はADHDとASDの混合タイプ・過敏タイプです。
  • 次男はグレーゾーンですが、ADHD傾向・感覚障害あり。

 

0歳児の発達障害の特徴

 

0歳児の発達障害の特徴も様々あるようです。

よく言われているものから、うちの子供たちの特徴を紹介します。

 

よく言われる発達障害の特徴

  • 目を合わせようとしない
  • 名前を呼んでも反応しない
  • 取りたいものがある場合、人の手を持って取らせるクレーン現象
  • 後追いしない
  • 夜泣きがひどい
  • おとなしくて手がかからない

 

らくママ

長男の場合は、この特徴は全部当てはまらなかったと思います。

次男は、おとしなくて手がかからないだけ当てはまります。

 

他にも言われている、うちの子供たちが当てはまった0歳児のよく言われている発達障害の特徴も紹介します。

 

手足をバタバタさせる

広汎性発達障害、多動性の特徴として「手足をバタバタさせる」というのもあるそうです。

当時は知りませんでしたが、長男は手足をバタバタさせている印象は残っています。

「ご機嫌だなー」と思っていましたね。

 

youtube 見ると、手足バタバタ赤ちゃんの動画いっぱいあるんでよね。

一概に発達障害とは言えないのかも…とも思ってしまいます。

 

男の子の場合は、小学生低学年くらいまでは多動タイプは多いですけどね。

多動は多くの子が小学校高学年で落ち着きます。

 

らくママ

長男は待っていられるけど、おしゃべりが止まらないタイプです。

小さい時は、人が多い場所では多動でした。

 

あとソファなどに座ってから抱っこをした時に、長男が飛び跳ねるので頭が私のあごにヒットをすることがよくありました。

これも次男にはなかったかなーと思うので、もしや少数派かな?と思っています。

 

反り返り

有名な作業療法士さんが講演会で…

「発達障害の赤ちゃんはえびぞりの体勢で寝返りをうつ」と仰っていました。

 

もちろん、「反り返りがあるから自閉症」というわけではありません。

不快な状態・不機嫌、背中が熱い・汗をかいているなど、他の原因もあるかもしれません。

 

触覚過敏などの感覚障害で、発達障害の赤ちゃんは抱っこを嫌がる傾向が多いようです。

抱っこを嫌がってのけぞるというのもよく聞きます。

 

らくママ

長男も次男も反り返っていたと思います。

 

対処法

  • 背中がまるくなるように抱っこをする
  • スリングを短時間でも利用する

 

>>>スリングの人気ランキング(楽天市場) を見る

 

靴を履きたがらない

長男は触覚過敏だからと思われます。

長男は他にも、砂場・芝生・雪・畑なに初めて行った時は拒否反応でした。

 

次男も触覚過敏で、砂場・芝生・雪遊びは最初警戒していましたが、靴を嫌がることはなかったですね。

 

対処法

何回か履かせたら慣れたのか、脱ぐ行動はなくなりました。

砂場・芝生・雪遊びなども数回体験したら平気になりました。

 

寝つきが悪い

長男が0歳の時は、もう本当に寝なかったです。

 

抱っこして寝付いて10分以上経過してベッドにそーーっと置いても起きちゃう!

0歳の頃は、それをずっと繰り返してた日々でした。

 

寝かせようと抱っこをしている時間が長かったので、抱っこしたまま寝落ちはしょっちゅうでした。

 

対処法

  • 子守唄を歌ってあげると寝つきはよくなりました。
  • 妊娠中に聞いていた音楽を聞かせると、スッと寝る日もありました。
  • 優しい声で絵本の読み聞かせをしていました。
  • おくるみでくるんでおくと手足が固定され母親のお腹にいた時と同じ姿勢になるので安心感があるそうです。

 

そんな長男は今でも寝つきが悪くて困っています。

 

同じADHDタイプでも、次男はすごく寝つきが良いです。

私の横に寝かせるとすぐに寝入っていました。

それは現在もすぐに寝付けて、自分で早寝早起きしてくれるので楽です。

 

発達障害児の0歳児検診の結果

 

0歳児検診

 

長男も次男も特に何も言われなかったんです。

首の座り、寝返り、歩くなどの成長に関しては、「問題ない」でした。

 

発達障害は小さい頃は分かりにくいと言われていますからね…

 

らくママ

うちの子供たちの場合は、身体面より言葉の遅れで気づきました。

 

発達障害の療育のおもちゃ
【子供も夢中】発達障害の療育で利用したおもちゃ・カードゲーム

続きを見る

 

発達障害の0歳児の特徴:まとめ

 

発達障害の0歳児の特徴:まとめ

 

我が子が「発達障害かも?」と少しでも不安に思うなら、私はすぐに相談した方がいいと思います。

 

困ったことに関しての対策をプロから教えてもらったり、同じような悩みを持つ母親と情報交換・相談・愚痴など言えるとかなり楽になれます。

 

私も自分からは相談できませんでしたが、「早く相談しておけば良かった」と思っています。

 

周りの目を気にするよりも、親子の困り感を減らす方が優先です。

療育を早くしておけば、子供が大人になった時の困り度が違うと言われています。

 

「特徴があるから発達障害だ」というわけじゃないんですが、「気になるなら相談した方がいいよ、絶対に」と思います。

 

 

 

私たち親子が楽になった発達障害の子育ての体験談・対応法など詳しく書いています。

親子で辛いから卒業できた発達障害の子育て
発達障害の子育て

続きを見る

 




ブログランキング

 にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

らくママ

グレーゾーン小4次男は特別支援教室利用・ADHDとASD混合の中1長男は支援級情緒クラス | 発達障害の子育て・不登校・家庭学習について | 発達障害の子育てを少しでも楽にして笑って過ごしたい

-発達障害の子育て

Copyright© らくママノート|発達障害の子育てブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.